浅草雑芸団

浅草雑芸団のホームページへようこそ


今年の演目が決まりました!

日本の大道芸探訪プロジェクト第12弾
浅草ことば大博覧会



浅草雑芸団の夏の公演は、今年で33回目。日本の大道芸の可能性を求めるシリーズも回を重ねて12回になります。今回のテーマは、ことばあそびです。しりとり、なぞかけ、早口ことば、ダジャレ…、わたしたちは幼児のころからいろいろな言葉遊びに親しんできました。コックさんのお絵かき唄やオチャラカホイなどの手遊び唄、大波小波の縄跳びなど、子供時代も言葉遊びがあふれていました。また落語の「ジュゲムジュゲム…」や、歌舞伎の「ういろう売り」は、いまでも発声練習、滑舌訓練の定番であり、フーテンの寅さんの「けっこう毛だらけ、ネコ灰だらけ…」などと意味不明ながらリズミカルな語呂合わせは、物売り芸の真骨頂でもあります。ところが最近の大道芸は、グローバリゼーションという時代を反映して、言葉を使わないジャグリングやパントマイムが主流となっています。国境を自由に越えるには言語がネックになるからです。しかしそんな時代だからこそ、言葉の可能性を考えてみる必要があるのではないか。そのような思いを込めて、2016年には、言葉の本質である「言霊(ことだま)」の専門家で呪術師でもある万歳・村田社中をお迎えしました。今回は、日本で唯一の「ことばパフォーマー」であった、故・はせみつこさんに学び、ウリポ・はせ・カンパニーを通じて、彼女が作った作品やその着想をお借りして、私たちなりの言葉の面白さ、楽しさを、探ってみようと思います

2018年(平成30)7月6日(金)18:30~20:30
浅草木馬亭(電話03-3844-6293)
入場料 :前売・予約2000円(当日2500円)お土産付き※全席自由
問合せ予約:電話&FAX03-3388-4348(カミジマ)※留守電対応
      Email: zatugeidan@hotmail.co.jp

facebook始めました最新情報はこちらでどうぞ!



浅草雑芸団のプロフィール
私たちの活動について紹介しています。

活動実績
今までの活動歴を紹介ししています。

演目
このようなことができます。


新着情報
イベント出演や公演の告知などはこちら。

大道芸アジア月報
浅草雑芸団で発行している会報です。


催し物レポート

~はるこま七福神めぐり~


第十回(2010年1月3日公演)

第九回(2009年1月3日公演)

はるこまについて…


~定期公演~

NEW
蕨の大道芸人若林正と浅草雑芸団Vol.3
ワラビアンナイト・昼の部~蕨の妖怪青坊主あらわる~
2012年9月17日公演


「ぬけさく(道化芸)を求めて」2010年7月9日公演

「物売り口上(タンカバイ)の魂」2009年7月3・5日公演

「猿まわし復活・考」2008年7月4・5日公演

~その他~

「若林正と浅草雑芸団」~懐かしい大道芸のかずかず~

「大紙芝居展」大道芸! 物売り口上の巻

「新春イベント~伝統芸能を楽しむ~」

「門付芸、舞の宇宙-祝福と予祝-~小沢昭一と門付芸人を迎えて~」

「東京タワーお土産もの選手権」


雑芸団メンバーの徒然語り

雑芸雑報
by上島敏昭

余暇でちくちく帯作り

byヨカ

フェイスペイント実験室
by鈴置ミホウ


メール
お問い合わせはこちらまで。
zatugeidan@hotmail.co.jp


Copyright(C)2008 AsakusaZatugeidan All Right Reserved.

inserted by FC2 system